ブスを武器に稼ぐ女性の特徴とその手法について解説します。

コンプレックスが逆に有利に?ブスでも水商売で稼げる理由

MENU

ブスでも稼ぐ人はいる

 

水商売は顔やスタイルの良い方が有利です。しかしブスでも稼いでいる人はたくさんいます。
トーク力やボディタッチなどのスキンシップ、男をその気にさせる色仕掛けなど要因は様々ですが、キャバクラやクラブ、スナックなどお酒を注ぐ仕事だけではなく、風俗など性的サービスのお店でもチャンスはあります。

 

コンプレックスは強みになることも

 

デブや幼児体型のペチャパイなど、多くの男性からは評価が低いものでも、そういう女性を好む男性需要があります。
体型にコンプレックスがあるときは、ぽっちゃりやペチャパイの専門店で働くと良いでしょう。
年齢によっては独身でなくても人妻専門店で働くなど勤務先選びを正しく行えばコンプレックスは強みになります。

 

冴えない男子を固定客にする

 

闇金ウシジマくんという裏社会をテーマにした有名なマンガがあります。
男性向けの作品ですが、実写化もされていて女子でも見たことや聞いたことがある人は多いでしょう。
作者は実際の取材に基づいて作品を作っていて、内容がリアルだと評判が良いです。

 

その中で風俗店をテーマにした話があります。
顔もスタイルも良い女性がいるのですが、ナンバー2でナンバー1を指名したらブスが出てきます。
闇金事務所の若手がナンバーワンを指名して、ブスが出てきたことを後悔するのですが、ナンバー1になった仕組みは、女性への免疫力が少ない男性を太い客にしていたからです。
他の風俗嬢では嫌がるような冴えない男子に対して、あたかも好意があるような態度を取ることでリピーターを増やしています。

 

冴えない男子を相手に恋愛への発展をそそのかす手法を取るとストーカーリスクが高いので、興味のある方は程よく実践してください。
マンガの話は極端な例ですが、トークや態度で男性の心を開かせるテクニックを習得すれば、風俗、お酒を飲むお店を問わずブスでも稼げるチャンスはあります。

 

高級クラブで活躍するのは難しいですが、平均的な年収の人が遊ぶようなお店では、条件が良すぎる女子だと、どうせ手が届かないと距離を置こうとする客が多いです。
男性は水商売のお店にいって、その場を楽しむだけではなく女を落とすことを目的やステータスにしています。

ちょっとブスくらいの方が、男性客から見ればイケるかもしれないと思われて太い客に発展しやすいです。

 

ブスは稼いでも嫉妬されない

 

鏡を見る女性

水商売は嫉妬によるイジメや嫌がらせが多い業界です。
楽に仕事を取るには、勤務先を変えずに固定客を増やしていくことが大切ですが、人間関係を理由に仕事を転々とする売れっ子が多いです。
歩合制の仕事上、成績が良いと同僚から嫉妬されやすく、売れるほど良好な人間関係を築くのは大変です。

 

ブスの場合は、美人でスタイルの良い同僚からはカテゴリーが違うと捉えられて嫉妬されにくいメリットがあります。
芸能人で多くの冠番組を持つマツコ・デラックスは自伝書にて、「私はどうせブスでデブでオカマだから何を言っても世間から嫉妬されない」とキャラクターを活かした戦略を立てていることを語っています。

 

男性客の心を掴むには、美人よりもブスの方が難しいこともありますが、コツさえ掴めば敵を作らずに安定して上客を捕まえたり、上客・固定客に成長させられるようになります。