会社にバレたくないから確定申告はしない、という女性は損をする!?確定申告の必要性とは?

アダルト系で働く人の確定申告のコツ!風俗とキャバクラで異なるポイント

MENU

確定申告のコツ

 

確定申告

風俗やキャバクラで働いている女性にとって、確定申告というのはとても重要なキーワードになります。

 

もちろん会社員として働いていたり、社会保険に加入している会社に勤めていると、会社が確定申告を行ってくれます。
自営業者やフリーランスで働いていたり、フリーターやアルバイトをしている人は確定申告をする必要があります。

 

キャバクラ嬢やホステスなどは、会社員のような雇用契約ではありませんが、お店が源泉徴収をしてから給料を渡しているため特別確定申告が必要でない場合もあるようです。

 

キャバ嬢や風俗嬢を副業として兼業している女性は少なくありません。
会社から出る給料だけでは生活ができなかったり、余裕がなかったりすると会社にバイトがばれないために夜の仕事を選ぶ女性は少なくありません。

 

しかしそこで稼いだ収入も納税の対象になるため、後で追徴課税を受けないためにも事前に確定申告をしておく必要があります。

 

源泉徴収

 

またお店が源泉徴収をしている場合は、確定申告をすることで還付金が戻ってくることもあります。

 

したがってキャバクラ嬢や風俗で働いてる女性は、確定申告をするときにお店が源泉徴収をしているかどうかを確認することが大事です。またもし源泉徴収していれば給料明細にそのことが記載されているのでよくチェックしておくといいです。

 

キャバクラ業で確定申告をする場合、大きなポイントとなるのは、必要経費です。
例えばお客さんと連絡を取るためのケータイやスマホなどは通信費として認定され、飲食代やタクシー代、衣装やヘアメイクなどの費用も必要経費となります。

 

キャバクラ嬢や風俗嬢は売れっ子になれた場合、1か月の収入が100万円を超えたり、1000万円を超えたりすることもしばしばあります。

 

こういった職業であるからこそ確定申告は大切で、あとで税務署が訪ねてきたということがないようにしたいですね。