ナイトワークを始める前に知っておきたいお酒の種類とルールを解説します。

ナイトワークのお酒の種類と正しい飲み方

MENU

ナイトワークで飲むお酒の種類

 

お酒で乾杯する男女

スナック、キャバクラ、クラブなどのお酒を提供するお店では、お酒に強い方が有利ですし稼げます。
上手にやればお酒を飲めない人でも稼ぐことは可能ですが、単価の良いシャンパンを入れるには、量を飲むことが必要です。

 

お酒が苦手な人や、焼酎、ウイスキーが苦手な人はノルマの少ないお店がオススメです。
フロアの広くてお酒を作るボーイがいるようなお店では、生ビール、カクテルなど幅広いお酒を置いています。
キャストの飲む追加のお酒は単価が高くて利幅が大きいです。店長やバー担当のスタッフに言えば好きなお酒を用意してもらえるケースもあります。
生ビールだけは、置いていないお店もあるので、こだわりがあれば勤務前に確認しておきましょう。

 

お酒の弱い人でもハウスボトルを飲まされるお店はオススメ

 

ハウスボトルとはテーブルに常設している焼酎やウイスキーで、お客がお金を払わずに水割りやお茶割りを飲めます。
基本的にハウスボトルは安くて悪酔いしやすいお酒です。

 

男性はハウスボトル飲み放題。キャスト(女性)はハウスボトルを一緒に飲んでいいお店と、飲み物は男性客から追加注文をもらわないと一切飲めないお店の2種類があります。
全体的にはキャストはハウスボトルを飲めないお店の方が多いです。

 

お酒を飲めない人はハウスボトルを飲めるお店を嫌がったり稼げないと懸念する方もいますが、勤務している人からは以下の理由で評判が良いです。

 

  • ハウスボトルは苦手と言って飲むのを断ってもトゲが出ない
  • お酒の注文を入れてくれるお客はたくさんいる
  • 時給が高くてノルマを厳しく管理されない
  • ハウスボトルがあることで延長や指名を取りやすい
  • 水やお茶だけで飲むこともできる

 

お客のなかには、最低料金だけで遊ぼうと思って来店して、追加料金を払わないとキャスト(女の子)と一緒に飲めないことを残念に思う客もいます。
ハウスボトルが飲めなくて、お客が注文を入れてくれなかったり、お酒を入れてと強くお願いすると変な雰囲気になると、すぐに帰られて空き時間が増えますし、仕事中のストレスや気疲れの原因になります。

 

どんな客でも手の上で転がせるベテランや機転の利くキャストならいいですが、水商売初心者など自信がない人にはハウスボトルを飲めるルールがあるお店はオススメです。

 

シャンパンの正しい飲み方

 

ナイトワークでハイステータスになる定番のお酒といえばドンペリです。
ほかにモエシャンなどフランス産の本物のシャンパン(シャンパーニュ地方産)は単価が高いです。

 

ナイトワークで初めて本格的なシャンパンを飲む人が多く、半分以上の人が辛口すぎて思っていたよりも美味しくないと思うものです。実はフランスをはじめ欧州産の本格的なシャンパン・スパークリングワインには正しい飲み方があって、間違った飲み方をしている人が非常に多いです。

 

高いお酒だと、もったいないから味わおうと口の中で長時間含んでしまう人がいますが、大きな間違いです。
シャンパンは、のどごしを楽しむもので口の中に含める時間を短くしないといけません。
細長いシャンパングラスが主流になっているのは、一気に喉へ通すためです。
ドンペリは辛口ですが、喉を通した直後の心地よさが素晴らしいと評価されています。

 

シャンパン嫌いの人は飲み方を見直してみてください。
このウンチクはシャンパンが苦手な客への営業トークとしても活用でいます。