ソープ嬢の給料や料金の仕組みは風俗業界の中でも特殊な要素があります。

還元率は業界最高水準!?ソープ嬢の給料相場とお金の流れ

MENU

ソープ嬢の給料相場

風俗業界の中でも、最高峰と言われているのがソープ嬢です。

 

一般的に本番が基本サービスになっていますが、高級ソープでは1回の接客で10万円以上かかるケースもあり、
売れっ子では月収300万円以上も可能になる仕事です。

 

実際に風俗嬢になると、どれくらいの給料をもらえるか、業界の仕組みも含めて紹介します。

 

 

給料形態は2つある
  • 基本給+歩合給
  • 完全歩合制

の2種類の給料形態があり、完全歩合制のみのお店が多いです。

 

お店によっては最初は基本給+歩合給で、固定客が付いたり、風俗情報誌に掲載して指名が安定したタイミングで
完全歩合制に切り替えられるケースもあります。
歩合給の割合は完全歩合制の方が高くなります。

 

 

ソープの料金の仕組みを知ろう

ソープで働きたい場合は、実際にお客が落とすお金の仕組みについて理解しておく事が必要です。
ソープは風俗の中でも特殊で、本番まで行う事が一般的です。

 

しかし本来、お金を払って本番行為のサービスをする事は禁止されています。
お店側は風営法の隙間をついて、入浴料を取って、お風呂サービスとして運営しています。
個室のお風呂に入ると、ソープ嬢の女性がいて、そこで双方同意の上でプレイを行う流れになります。

 

これにより、お客はまずは受付で入浴料を払って、お風呂のある個室で嬢に直接サービス料を払うルールになっている事が多いです。

 

 

ソープ嬢の取り分は?

まず、ソープの入浴料とサービス料の相場ですが、お店によって差が大きくなります。
一般的な相場は入浴料が1万円~1万5千円
高級店では2万円~3万円ほどです。

 

サービス料は入浴料の2倍~3倍が相場。
仮に入力料が1万5千円だったら、サービス料は3~4万円が相場になります。

 

完全歩合制のソープ店で優良店の場合は、入浴料はお店側の利益サービス料は全額女の子の取り分になるケースが多く、
お客から受け取ったお金を直接財布に入れて持って帰れるお店もあります。

 

ソープはサービス料をお店側が受け取っていると都合が悪いケースもあり、サービス料=嬢の給料という
給料形態になっているケースは多いです。

 

その他、入浴料も含めた5割くらいが還元されれば、取り分としては悪くありません。
入浴料は全額お店。サービス料も半分お店に持っていかれるようなお店は基本給制の所をケースを除いて
還元率が悪く、移籍を検討する事も必要な水準です。

 

 

ソープ嬢の日給は?

ソープのサービスは1名の客に付き120分が相場です。
準備時間も考えると、1日10時間働いたとしても、3~4人の接客が限界。

 

客が来なければ給料なしもありますし、OLなどや学生が、片手間で1日1人の客だけ相手にする働き方もあります。
あとはお店の料金相場と、給料の仕組み次第ですが、日給10万円稼げればかなり高い水準
1日働いて5万円前後が全体的な平均です。

 

デリヘル嬢の給料相場とは